FC2ブログ
ジュリア・ロバーツin大阪
名古屋から大阪へやってきた2匹の猫、日々の覚え書き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ジュリア・ロバーツ振り出しに戻る
ノンスケが間に入ってくれて、一旦は治まったウメッチとジュリアの闘いであったが、その明け方近くに、再び勃発した。

例によって唸り合い、威嚇し合う。さすがに今回はジュリアも退かない。
様子に気付いたノンスケが、駆けつけてくるが、すぐに同じように唸り出す。動向を窺っている段階ではないということか。
イザというときの為に、ハーフケットを用意して待機する。
ケンカが始まった時に、どちらかを拘束する為の準備である。


2匹が一段高い唸り声を発して、互いに飛びかかった。
同時にノンスケも2匹に飛びかかる。

3匹とも大切な我が家の御曹司、1匹たりともケガをさせてなるものかと、軍事介入に入った。

そして、介入者が負傷する(恥)

一瞬の判断であったが、ここは最も興奮しているであろうウメッチをハーフケットで覆った。その瞬間にジュリアの牙が腕に当たる。それでジュリアがやや怯んで退いたので、そのままジュリアを宥め、ゆっくりとウメッチをハーフケットごと抱きかかえて、ケージに入れてロックする。

ウメッチには可愛そうだが、しばらくケージで隔離することにした。ケージに閉じこめられるのは始めてのウメッチ、当然ながら大暴れだが、カバーをすっぽりと被せてやると、しばらくして落ちついた。


予想はしていたとは言え、やはり畏れていた事が現実に起こると辛いものがある。育った環境も性格も異なる大人猫同士の場合は、折り合いをつけるのに時間も知恵も必要なようである。
今回の問題点は、ひとつにウメッチの未去勢があるだろう。
性格やそれぞれの相性もあるには違いないが、未去勢で縄張り意識の強いうちは、治まるものも治まらないのだと実感した。

ウメッチも来月下旬には1歳を迎える。去勢手術を受けるには充分な時期である。
当初の予定では、先月、5月あたりを考えていたのだが、5月に入って早々にジュリア・ロバーツを迎える事になった。
諸検査やワクチンの事もあり、まずはジュリア・ロバーツの手術を優先して今に至ってしまったのである。

ジュリア・ロバーツの去勢が済んだとは言え、そうすぐには気質に変化が起こるわけでもないだろうし、日に日に本能が強くなってきたウメッチに追い込まれるうちに、ジュリアの本能スイッチが入ってしまっても不思議はない。
今さらながら、ジュリア・ロバーツをいきなり開放したのは、軽率であったかと反省する。

20050619190703s.jpg

チビッコとは仲良く出来るのになぁ…ジュリア


ウメッチの手術を早急に行うとして、いつまでもウメッチをケージに閉じこめて置くわけにはいかない。今度はウメッチに精神的ダメージを与え、ストレスをかけてしまうことになる。
ジュリア・ロバーツとウメッチを交代させるのが筋だろうが、どのタイミングで交代させるかが判断の難しいところである

と思案していたら、さらにその明け方にチャンスが訪れた。

ちょうど2階の仕事場に居たのだが、階下でギャーという悲鳴とドタバタと物音がした。
また始まったかと、慌ててギャング部屋に駆けつけると、ジュリアが声を上げながら徘徊している。
ノンスケは食器棚の上に退避しており、他のギャング共は離れたところで警戒態勢をとっている。
毛束があちこちに散らばっている。
いったい誰と誰が争ったのか…。

ジュリアが少し興奮気味で、誰彼無しにケンカをふっかけそうな勢いであった。これはちょうどタイミングかと、ウメッチをケージから出して、一旦第一アジト(押入)に閉じこめておいて、その間にジュリアとロバーツをケージに戻した。

20050619190908s.jpg

ジュリア・ロバーツ1週間の自由

20050619191333s.jpg

ロバ君、ギャングダイニングでのご飯は美味かった…


約1週間で、振り出しに戻った訳である。

ジュリア・ロバーツには気の毒だが、ここはひとつ仕切り直して再スタートする事にする。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うーむ、む、むむ、
ケガは大丈夫ですか?
未去勢の大人猫同士、時間が必要なのかもしれないですが、
子猫の面倒が見られるジュリアですもの、きっとうまくいく時が来ますよ。
ジュリア、ロバ君、ウメッチ、応援してるぞ、仲良くなれる様に頑張れ~。
2005/06/19
(日) 22:55:15 | URL | 越後屋はなにゃん #3aDKp7XM[ 編集]
お疲れ様です!!
いろいろと心配されたのではないですか?きっと大丈夫ですよ。
何事にも“時間”が必要な時ってありますよね!!
ジュリ~&ロバ君も小休憩!!思いっきり皆と楽しむ為には一度パワーを蓄えないと・・・
ひさま、振り出しになんて戻ってませんよ!!確実に前に進んでます。
ご自身が無理なさらないで下さいね!!
2005/06/20
(月) 00:41:14 | URL | さっちゃん #U6MqhJ0Q[ 編集]
ええ、どこの家でもある事です・・・
お疲れ様。実際にバトルを見ると辛いものがありますよね。

私も追われていたマルコを抱いてやったのに、アイツが暴れたものですから爪でザックリ負傷しました。

それにしてもラスを慈しむジュリアの写真は素敵。ロバ君は、うちのレンと雰囲気がそっくりです。お小姓タイプですよね。

グルグルと同じ円周を回っているようでも、コイルが巻くように、針金の厚みだけは絶対に上に伸びて行っているんだと思います。

頑張りましょう、私も頑張る。
2005/06/20
(月) 05:52:32 | URL | 川口 一惠 #Ul2d4ERU[ 編集]
我が家も
ぎんたと健人は中々互いに許容しあえない部分があるようです。でも最近では以前に比べ、マシになりました。子猫だった頃の健人には何をされても受け入れていたのに・・・と思うと歯痒さもありますが、出口の見えないトンネルにいるような気分だった頃に比べたら、遥かに進歩です。
随分先の時間から見ないと、進んでいるように見えないかもしれない変化ですけど、健人に八つ当たりカミカミに付き合いながら(泣)、私も頑張ります。

きっと大丈夫です。愛情で繋がれた家族ですもん。
ウメッチくんもジュリアくんもロバくんも、頑張れ!!
2005/06/20
(月) 11:26:44 | URL | 柿ママ #Ja2Sk0WM[ 編集]
猫のなわばりは、場所&保護者の愛情
大変でしたねぇ!!!
猫さんたちに大事がなくてまずは何よりでした。
でも、ちょっと離して落ち着いたら、大丈夫ですよ、きっと。柿ママさんもおっしゃってるように、ひ さん家の猫さんたちは愛情で繋がっているし、基本的に平和主義のようですから。

怒濤の第2ステージから、本格的共棲に向けての第3ステージへ、というところでしょうか?
ジュリア・ロバートはもちろん、リーダーノンスケ、未去勢ウメッチ、怖がりオデブさん、デヴィ子さん、Gさんも、それぞれに一生懸命考えてるところだと思います。
・・・ひ さんの顔色を見ながら。
おとーさん、頑張れ!
2005/06/20
(月) 15:39:14 | URL | okko #gU2sYXUY[ 編集]
はなにゃんさん、大丈夫です
ケガのほうは、すぐに洗ってハイポをたらしておきましたから(^ ^)

そうなんですよね。
チビッコ達にはすごく優しいし、基本的に甘えたの気の弱ーい子ですから、ジュリア。
こっちの配慮が少し足りなかったのだと思います。
ウメッチにも可愛そうな事してしまったし…

でも、絶対に折り合える部分はあるかと思ってるので、じっくりと時間をかけて探して行くことにします。
2005/06/20
(月) 18:02:27 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
さっちゃん、ありがとう~
3歩進んで2歩下がった程度?
    ↑
 ふふ、わかるかな?

そうですね。
小休憩。これ大事かも知れませんねぇ。
焦って上手いこと行く例しがない。
行ったり、戻ったり、そうやって少しずつ慣れていく事もあるかも知れないものね。

正直、ジュリア・ロバーツをケージに戻した直後は、ちょっと落ち込んだけど(^ ^;
でも、ジュリアもロバ君も、ケージに戻って、逆に落ちついたみたい。
ヤツらにとっても良い「休憩」なのかも知れませんね。
2005/06/20
(月) 18:15:09 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
川口さん、頑張りますとも!
日頃のギャング共のジャレ合いバトルとは違って、すっごい迫力でした(^ ^;;

ジュリアのヤツ、血尿が治まって元気になったもんだから、売られたケンカを買う気になったのかも(^ ^;;
まあ、でも、今までよく我慢してくれてたと思います。

そう言われれば、確かに似てるかも知れませんね。
レン君とロバ君。
クール系の男前ですよね(^ ^)

それにしても、ラスの容態が落ちついた時期で良かったと思います。
何というか、獣たちはそれなりに時期を考えてくれてるのか(^ ^;;
    ↑
 良い風に考えすぎ?
2005/06/20
(月) 18:25:26 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
柿ママさん、少しずつ進歩です、ね(^ ^)
同居人としては、みんな仲良くしてくれるのが理想ですがねぇ。
そうそうこっちの都合良くばかりは行きませんよね。
何せ心のある生き物の集まりですものね。

どうしてあげるのが、ヤツらにとってベストなのか…。
正解なんか無いのかも知れませんし、こっちが知恵を絞って、探して行くしか無いのでしょうね。

ギャング共を始め、みんな頭のゆるーいい子達の集合体なんで、こっちが諦めさえしなければ「出口」は見つかるのでしょうね。
そう信じて頑張るつもりです。
2005/06/20
(月) 18:30:17 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
okkoさん、そうですね
みんな戸惑ったり、互いに窺ったりしてる最中なんでしょうね。

とことんやり合って、それから無二の親友になるって、一昔前の青春ドラマみたいだったら良いのですがねぇ(^ ^;
現実は、そう都合良くは行きませんからね。

ジュリアもロバーツもこの1カ月あまり、ギャング共が遊んでる姿を見て、自分たちも遊びたい気持ちが強いように思えます。
でも、どうして遊べば良いのか分からない。
特に、ジュリアは不器用者なようで(^ ^;;

女の子達は、そうでなくとも身体のデカイジュリアが怖いらしくて…。
慣れたら、お茶目で可愛いヤツなんですがね、ジュリアは。
それを理解するまでは、時間が必要なのでしょう。
2005/06/20
(月) 18:55:00 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
ふと、へんなことを思いました
童話や映画によく取り上げられるキャラで、体がでかい、顔がいかつい、つきあい方が不器用というだけで、みんなに怖がられるタイプっていますよね?
泣いた赤鬼とかフランケンシュタインとか・・・。
ひ さんのジュリアを語るコメントは、まさにそれ(^_^;)

ジュリアとロバーツがじゃれてたという話もないところを考えると、いつか推察されてたように、本当にケージの中だけで飼われてたのかも。そうであれば、なおさら時間がかかりそう。
でも、ゆっくりでいいじゃないですか。先は長いんだし。
ジュリアなら大丈夫!
本当に性格がいいんだもん!
2005/06/20
(月) 19:52:08 | URL | okko #gU2sYXUY[ 編集]
okkoさん、まさしく
そういうタイプですね、ジュリア。

こればっかりは、ギャング共それぞれが自分なりにジュリアの良い所を認めて、受け入れてくれるようになるのを待たない事にはね。
まずは、ジュリアが本当は、そんなに恐い子じゃないって事を分かってもらえるように(^ ^)

それには、ウメッチを手術して、落ちつくのを待って、その間にジュリアとロバ君も落ちつくだろうし。

本当、先は長いものね(^ ^)
ここで慌てないとイカン理由は、どこにもない(^ ^)

ところで「泣いた赤鬼」って大好きな童話ですね。
幼稚園の頃に読んでもらって、青鬼さんが可愛そうで大泣きしたのを思い出します。
名作ですね。せつなすぎる話やけど。
2005/06/21
(火) 06:57:28 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
遅ればせながら・・・
ひ・さん、いつもながら、その観察眼と卓越した描写に一喜一憂しております~~。
新米は、(無責任ながら)ひ・家の事件簿(?)でさながらケーススタディをさせてもらっている感じです。>フカブカ礼
すごく緊迫した状況のはずなのに、悲壮感が無い(失礼な!!)っつーか、周りの皆さんのコメントも達観してらっしゃるし、何かこう、いや、なんつーんでしょ。
あの、また来ます(苦笑)
どの子も、愛くるしいです。>特に今はノンスケ。ワタシガネコダッタラゼッタイホレルネ。

2005/06/23
(木) 23:26:23 | URL | Kei #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/06/23
(木) 23:38:54 | | #[ 編集]
↑ありがとうございます!
よろこんで(^ ^)

実は、こちらからもお願いに上がろうと思ってたのです(^ ^)
ぜひ、お願いします。
今後とも仲良くしてくださいね。
2005/06/24
(金) 11:20:00 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
keiさん、いや、お目が高い
ノンスケは自慢の御曹司でして(^ ^)
まあ、甘えたで、我が儘で、お腹が緩くて、しょーがない野郎ではあるのですが(^ ^;
私も惚れとります。はい(^ ^)

私なんぞは、ほんの猫初心者です(^ ^;
急激に頭数が増えてしまったので、偉そうな事を書いていますが、ベテランさんのアドバイスや、あちこちのケーススタディに支えられているだけです。

そうです、こちらに来て下さってる方々は、みな強者ですよ(^ ^)
いろいろな事件(^ ^;)が勃発して、落ち込みそうな時も、暖かいコメントで随分と励まされてます(^ ^)
2005/06/24
(金) 11:25:54 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
リンク張らせていただきました(^-^
快諾頂いて、ありがとうございました(^-^
>しかも先まわり、すいません!!(大汗)
ぶしつけに熱烈ラブレターを送りつけてしまった時は、後になって冷や汗タラタラでしたが、思い切ってよかったです(^-^
ニャン太郎共々、今後ともよろしくお願いいたします。
2005/06/24
(金) 18:47:38 | URL | Kei #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。