ジュリア・ロバーツin大阪
名古屋から大阪へやってきた2匹の猫、日々の覚え書き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ジュリア・ロバーツとの出逢い―1
彼らと始めて逢ったのは、パソコンのモニター上である。

野良にゃん写真集「華やかな空の下」より
20050708143552.jpg


野良にゃん写真集というサイトで、彼らの記事が掲載されていた。

とても悔しかったのを覚えている。
飼い猫として可愛がられた時期もあるだろう、全ての猫がそうであるように、彼らもまた真っ直ぐに飼い主を信じ、その愛情を欲して生きて来たのだろう。

それがここまでの仕打ちを受けている。

野良にゃん写真集 レポート報告編「信じられない仕打ち」より
20050708143647.jpg


野良にゃん写真集 レポート報告編「信じられない仕打ち」より
20050708143743.jpg



おそらくは彼らが暮らしていたであろうケージ。
彼らの生活空間もろとも道ばたに放置された。
後から聞いた話であるが、彼らは幹線道路の脇にケージごと遺棄されていたのである。

猫にまつわる全てのものを、猫諸共に廃棄する。
強い悪意のようなものすら感じた。

2匹は自分たちが使っていたと思われる、トイレに身を隠すように蹲っていた。

我が身に置き換えて考えてみる。
たとえば丸裸にされて、往来の激しい通りに放置されたようなものか。
いつ誰に攻撃されるかも知れない状況で、身を守るものは何もない。
身を隠すところすら奪われている。

怖ろしい気持ちと、情けない気持ちと、計り知れない悲しみと。
今すぐ、ここから消え去りたいと願うかも知れない。

悔しすぎて泣けてきた。

その時に私がした事は、トラックバック。
まずは、事実を1人でも多くの人の目に留まれば良いと考えた。
そして、野良にゃん写真集さんへ、お決まりのコメント欄でのご挨拶。

それだけの事で、気持ちが晴れるはずもなく、その日は彼らの事が頭から離れなかった。
トラックバックしても、コメントで励ましのエールを送っても、現実の彼らには何の救いになる訳ではないだろう。
かといって、他にどれ程のことが出来るのか。
自分に何が出来るのか。

その日、ほぼ1日中、彼らの姿が頭から離れずに、仕事も、日々の雑事もろくに進まない。
一旦囚われた感情から抜け出すことが出来なかったのである。

そして、その夜に管理人さんとコンタクトを取るべく、鍵コメントでメールアドレスを送る。
深夜になって、直メールを頂けた。
今、彼らがとある公園のホームレスさんに費用を払った上で、ケージごと預けられていること。
怯えからの威嚇も激しく、食餌もろくにとれていないこと。
このまま公園に放して、他の猫達と一緒にすることは限りなく不可能に近いと思われることなど。
彼らの現状を知らせて頂いた。

管理人さんへ返信を送る。
どうしても、彼らの姿が頭から離れないこと。
何とか出来るものなら、何とかしたいと思っていること。
自分の現在と、今後予想されるであろう経済状況。
自分の抱えている状況。(犬1匹と、猫5匹と暮らしていること)
その如何にも力のない現実を踏まえた上で、それでも少しでも良い方向に迎えるように、何とか協力したい気持ちを持っていること。

自分の身分を出来る限り明らかにした上で、以上のことをしたためた。

送信ボタンを押す瞬間、係わってしまうことへの僅かな迷いと不安が頭をかすめる。
微力な自分では明らかに役不足であろうのにという恥ずかしさもある。
それでも、メールが送信完了を知らせた時は、ずっと心に抱え込んでいた重りのようなものが、すぅっと無くなったことは事実である。


註:掲載の3枚の画像は、野良にゃん写真集様より、オーナーさんのご承諾を得て転載させて頂きました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
通りすがりの者です。本当にたまたま拝見したのですが、グッと重い思いが胸をよぎりました。鉄格子の向こうの二匹の瞳を見ていたら、本当に「なぜ?」というもやもやが沸き上がってきて。エントリをさかのぼって、少しずつ二匹の表情が変わっていく様子を見て少し救われた気がしますが…ネットを通じて命が救われることもあるのですね。

実はうちの実家でも、酷い状態で棄てられていた犬・猫を何匹か保護しており、私たち子供が巣立った後も両親は賑やかに暮らしています。
急に彼らに会いたくてたまらなくなりました。
2005/07/08
(金) 15:21:44 | URL | 群マダコ #bRaNR8P6[ 編集]
群マダコさん、はじめまして
コメントありがとうございます。

本当に、衝撃的な写真でした。
でも、あの写真のお陰で、彼らと出逢うことが出来ました。
今、彼らがウチで穏やかな、可愛い表情を見せてくれるたびに、不思議とも思える縁に感謝しています(^ ^)

そうですか。
ステキなご両親ですね。
そんなお話を聞くたびに、嬉しくなります。
ありがとうございます(^ ^)

この続きも書いて行きますので、また覗いてみて下さいね。
2005/07/08
(金) 15:30:50 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
はじめまして・・・。
驚きました。こんなふうに捨てられてしまう猫がいるなんて。本当に泣けてきます。
以前のものを読み、今は幸せに過ごしているのだと知って安心しました。
2005/07/08
(金) 15:31:24 | URL | あおい #qx6UTKxA[ 編集]
蘇りました
ひ・さんのレポートで、日々のジュリア・ロバーツに触れているうちに、忘れかけていたのかも知れません。(彼らには早く忘れてほしいけれども、私が忘れてはいけませんね。)
ひ・さんのように具体的な行動に出ることは出来ませんでしたが、強い感情、なんとも説明しようの無い感情に襲われ、意味も無くモニターの前で泣いていたのを思い出しました。
色々なサイトを覗いて、知らなかった酷い事実を目の当たりにする度に
、何も出来なくてごめんねと、べそべそと泣いていただけでした。
ひ・さんの当時の心境を読ませて頂いて、不安を抱えながらも一歩踏み出されたのだと知り、不謹慎かもしれませんが少し安堵してしまいました。
幸いにも私はこうして良いお手本を見つけることが出来ましたので、まずは真似するところから(^^;
そして自分も動物も幸せになれるように、少しずつ出来ることを増やして行きたいなと思います。
宝くじも買わなきゃあたらんし←ちょっと違う?
長くなってしまいました、スミマセン(ぺこり)
2005/07/08
(金) 19:47:02 | URL | Kei #YrGnQh/o[ 編集]
ネコ違い!?
顔が違ってる!!
今の顔はなんとあどけないことか
幸せなんですね♪
2005/07/08
(金) 22:06:34 | URL | mahoro #-[ 編集]
あおいさん、はじめまして
逃げることも、隠れることも出来ない状態ですからねぇ…。
この子達の受けたショックも大きかったと思います。

今は、随分と落ちついてくれたと思います。
まだまだウチでも不自由で、ガマンしてもらってる部分は多いのですが。
甘えん坊の良い子達です。
2005/07/09
(土) 02:17:34 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
Keiさん、私も忘れそうになります
改めて、この写真を見て、この子達が今はウチで寝ているのが、ちょっと不思議な気持ちです(^ ^)

そうですね。忘れたくはないですね。
ジュリア・ロバーツには、イヤな思いでは一日も早く忘れて欲しいけど。

不安はいっぱいでした。もちろん(^ ^;
心が決まるまでには、時間も必要だったし…
でも、不安よりも強かったのが、「何とかしなければ」という気持ちだったのだと思います。

良いお手本かどうかは激しく疑問ですが(^ ^;
私も辛い現実を知れば知るほど、自分の無力さに泣きました。
そして、1人でコツコツと保護したり、野良ちゃんのお世話を続けたりしている方々の姿を見て学びました。

大人猫を始めて迎えて、不安もいっぱいでしたし、未だに課題は山積みです。
でも、こんなヘボヘボの人間でも、何とかなるんだと、それを伝えたくて書いています。
2005/07/09
(土) 02:39:18 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
mahoroさん、ありがとうございます
ジュリア・ロバーツが幸せと感じてくれていたら嬉しいんですがね(^ ^)
まだまだですが、これからいっぱい幸せにしてやります。
2005/07/09
(土) 02:41:22 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
私も
初めてのメール送信の時は同じように、クリックの瞬間まで迷いました。いってみれば、自らの強い意志というよりも、あれよあれよと自分を追い込んでいって今があるような気さえします。でも、これだけは確かに言えます、結果オーライだったと。生半可な気持ちではできないかもしれない、でもひとそれぞれ、私は私の精一杯の積み重ねで、その時にできることをやって行けばいいのだと思えるようになりました。
2005/07/09
(土) 20:05:09 | URL | モス #zSd0d2lc[ 編集]
モスさん、お疲れさま
ホントに結果オーライだと私も思います。
勢いや、その場の感情の高まりだけでは、何をするにも危険だけど、時には見切り発車的に進めることも必要かと。
100%確実な事って無いですからね(^ ^)

その時々に、精一杯出来ることをするのが、必ず良い結果に繋がる第一歩かと思います。
2005/07/11
(月) 14:15:02 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
管理人様
エログ検索-ブログランキング-と申します。

  本日はランキングのお願いです。
  
  OUT率の高いサイト作りを目指します。
  新しいhit数を得れます。

当サイトのランキングに登録頂ければ幸いです。

  エログ検索-ブログランキング-
 
サイトURL
http://www.rank.mistynet.jp/blog/

登録はこちらから
http://www.rank.mistynet.jp/blog/signup.shtml
2005/07/13
(水) 07:08:13 | URL | エログ検索-ブログランキング- #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
プチポンさん(タオキリの保護主さん)が保護していたたみじぃがきのう旅立った。保護した時にはすでに腎臓がかなり悪く、なんども危篤に陥りながらも懸命なケアと自身のファイトで乗り切ってきた。たみおさんは、保護された時首輪の後がはっきりと残っていて飼い猫だったこ
2005/07/13(水) 13:40:16 | moss cosmos
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。