ジュリア・ロバーツin大阪
名古屋から大阪へやってきた2匹の猫、日々の覚え書き。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
そして、1年
野良にゃん写真集「華やかな空の下」より
20050708143552.jpg


野良にゃん写真集 レポート報告編「信じられない仕打ち」より
20050708143647.jpg


当時の記事はコチラ↓
野良にゃん写真集「華やかな空の下」
野良にゃん写真集 レポート報告編「信じられない仕打ち」



ぞりおとロバには、早く忘れ去って欲しいことだけど、
我々は忘れてはイカンと思っている

彼らがどんな目に遭ったか
人はどこまで愚かであるのか

だけども

獣を辛い目に遭わせるのも人なら
それを救えるのも人だ
不遇な彼らを見つけ、即座に保護し
彼らが置かれている状況を発信したのも

その発信された状況を見て
どうしても目を逸らすことが出来ずに
それでも非力であるという隠れ蓑から出られずに居たときに
精神的に、物理的に後押ししてくれたのも

名古屋から大阪、車で3時間という道のりを越えて
彼らを運んでくれたのも

全ては心ある人々なのだ

20060506150409.jpg



最初は、ひとまずウチで面倒を見て
いずれ良いご縁に委ねようと考えていた彼ら
ぞりおことジュリア、ロバことロバーツを
結局、手放すことが出来ずにウチの子にしたのは
彼らが、余りにも可愛く、愛おしい子達だったからだ

あっと言う間に過ぎたような1年だったけど
共に元気でこの日を迎えられたことは
本当に嬉しいことで

そして、今日を迎えられたのは
彼らを迎えるにあたって、手をさしのべて下さった
人達が居たから
また、彼らのことを、常に見守って
励まして下さった人達のおかげ

改めて、御礼申し上げます


ジュリア・ロバーツがやって来た日
彼らの誕生日に設定した日
それは、あの頃を改めて思い出す日でもある

ジュリア・ロバーツとの素晴らしい日々を
本当に、本当にありがとうございます

20060506150515.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
祝☆四歳、祝☆一周年♪
ぞりおくん、ロバちゃん、
お誕生日おめでとうございます!!なのだ~。

おばちゃんね、前々から思っていたんだけど、
・・・君達、プチ整形したでしょ!?
だって一年前と顔が違いすぎるも~ん^^

ホントに可愛くなったもんだ。
良かったね、嬉しいね。来年はどんな顔になってるかな。
・・・プチはいいけど、やりすぎはアカンよ♪
2006/05/07
(日) 05:22:52 | URL | うっき~ #8ADrEnQM[ 編集]
おめでと~!
ぞりおくん、ロバくん。
幸せな一年やったねぇ~
これからもずっと幸せなんだよ、ひさんと獣1号さんと一緒で。
甘えてええねんでぇ~

確かに、ひさんのおっしゃる通りやとしみじみ思います。
生き物を奈落の苦しみに陥れるのも人。でも幸せにできるのもまた人、なんですよね。

ジュリロバを引き取られる経緯にはたくさんの人の優しい気持ちがあったでしょうが、
まず、ジュリロバを自分ちへと決心されたひさんの心意気に感謝したいと思います。
2006/05/07
(日) 15:24:27 | URL | ちえちゃん #ipZAeaVc[ 編集]
うっき~さん、え?何のことぉ?
プチ整形?
失礼しちゃうなぁ、もう。
ぞりもロバも最初から可愛いかったんだから!
初めて逢った日に、オバチャンが「ちょっと、けっこう可愛いやん♪」って言ってたよ。

でも、可愛いって言うよりは、カッコイイと思ってるんだけどなぁ(^ ^;
2006/05/08
(月) 01:31:07 | URL | ぞりお&ロバ #GCA3nAmE[ 編集]
ちえちゃん、ありがとう~
へへ~、じゃあ、もっといっぱい甘えるかな(^ ^)
ロバ君さぁ、最近お尻ポンポンがすごく好きになったんだなー。
ぞりみたいにチューは、まだ出来ないんだけどさ。

>ちえちゃん
いや、ホントに私一人では、決心も付かなかったし、動くことも出来なかったと思います。
で、考えてみたら気候も良い時期やったしねぇ(^ ^)
冬が終わって、何か前向きな希望が感じられるシーズンで。
段取りが終わって、ヤツらを待ってた時の、ちょっとワクワクした気持ちを思いだしますわ。
いろいろあったけど、私にとっても幸せな一年でした(^ ^)
2006/05/08
(月) 01:39:48 | URL | ぞりお&ロバ #GCA3nAmE[ 編集]
もう1年、まだ1年
どちらとも言える、どちらとも言えない1年ですね。
あの写真、何度見ても胸が痛くなる。
本当に、ぞりちゃんロバくんには綺麗さっぱり忘れて欲しい。
そして私達は、正直見るのも辛いけれど、決して忘れてはいけないのですね。

それにしても我ながら不思議。
どうして、ぞり「ちゃん」、ロバ「くん」になっちゃうんだろう(笑)?
2006/05/08
(月) 14:37:39 | URL | 柿ママ #Ja2Sk0WM[ 編集]
柿ママさん、ホントに
そうですね。
アッと言う間の1年だったけど、まだまだこれからですしねぇ。
ウチに来てからのヤツらも、次々といろんな表情を見せてくれます。
で、人間同様に猫も年を追う毎に、変化もして来ますしね(^ ^)
ようやくヤツらとじっくりと向き合える時期かも知れません。

あー、何か分かります。
ぞりおは「くん」では無いんですよね。
で、ロバは「ちゃん」では無い。
うーん、何でやろ…(^ ^;;
2006/05/09
(火) 14:36:05 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
あれからもう1年も経っちゃいましたか・・
本当に私もあの写真を見た時はかなり衝撃的でした。でも実際に動かれ2匹の面倒を見られるのも並大抵ではできないことですね・・改めて頭が下がる思いです。

人の出会いにも縁があるように、猫と人もきっと何かの因縁をもって出会うべくして出会うんでしょうね・・
そう考えるとこれからの人生で出会う人や動物って、たとえどういう人(動物)であれ、特別な想いで見てしまいそうです^^
ひさん、本当に毎日ご苦労様です、そしてジュリ&ロバちゃんたちのために惜しみない愛情をありがとう!
2006/05/10
(水) 13:32:31 | URL | やんす #HfMzn2gY[ 編集]
やんすさん、ホント出逢うべくして出逢う
その通りだと思います。
未だに不思議なのが、モニタを通して見たあの写真に、何であそこまで惹きつけられたか。
何か、強い磁力のようなものを発してたのでしょうね。

いろんな人の手を煩わせる事になったけど、私にとっては動いて大正解でした。

ただ、ぞりおとロバが別居した事で、どうしてもヤツらと接する時間が限られてしまってね。
それが今の悩みですわ(^ ^;
ここからの1年は、その辺りをどうクリアしていくか試行錯誤して行くつもりです。

こちらこそ、ずっと見守って、応援して下さって、ありがとう。
そして、これからもよろしくです!
2006/05/11
(木) 12:20:04 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
遅ればせながら
ぞりお巨匠、ロバくん、お誕生日おめでとう!!
ごめんねぇ。新幹線乗り損ねて、歩いて大阪入りしたもんで、遅くなっちゃったわ~←寒っ

何度見ても、何とも言えない感情が蘇ります。必要なハードはちゃんと揃っているのに、ソフト(心)があまりにそぐわないからかしら、と以前お話したのを思い出しました。

私にとってジュリア・ロバーツと、ひ・さんとの出会いは、
今の毛まみれ生活の原点とも言える出来事。

そうか、もう1年経ったのかと感慨深く、彼らの豹変ぶり、本当に嬉しく思います。
常に前向きで、おっとこまえなひ・さんのレポートに魅せられてます(^^

別室のジュリ・ロバといちゃいちゃする時間を、どう工面するか。
これって、ジレンマですよね。
私も、ちょっと分かったような口がきけるような状況ですから(^^

のくせに、新幹線乗り遅れて、遅刻・・・←もうええわっ


2006/05/21
(日) 01:49:21 | URL | Kei #Vb9BYKhQ[ 編集]
keiさん、そら歩いたら大変やわ~(^ ^)
なかなかの健脚でいらっしゃる。←シツコイっ!

迎えた当時は、どんな人間と、どんな風に暮らしてたのか、あれこれ想像してみたりもしたけどねぇ。
でも、今のヤツら、これからのヤツらが大切やもんね(^ ^)

下のギャング共は大勢居る分、何するにも時間も手もかかるし、やっと1階組から解放されて2階に上がったら、ハナゲも居るしねぇ(^ ^;
甘えた共にご満足頂こうと思ったら、なかなか要領よく事を進めないと、時間がナンボあっても足りないし(^ ^;;
でも、贅沢な悩みでもあるよね、これって。
ありがたさを忘れたらダメですわな(^ ^)
お互い、嬉しい悲鳴をあげつつ、頑張りましょ!

>keiさん
ありがとう~
で、帰りも歩いてくの?(ぞり&ロバ)
2006/05/21
(日) 04:00:48 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
一年ですね
一年がたちましたね
あの連休
彼らが放置された場所にまだ
自分がいました
昨日のことのように思い出され
そして遥か昔のように
あれからもたくさんの猫たちが通り過ぎていきました
そして
時はとまったままのように
同じことが繰り返されてます
ぼくは
このこたちにあわす顔がない
「なにやってるの」
そう怒られるような気がする
改めて
あのときご尽力くださった
全ての方に感謝です
どうぞ
これからもよろしくお願いいたします
2006/05/23
(火) 03:36:59 | URL | kochi #aEmTB4nk[ 編集]
kochiさん、お疲れさまです
そう、一年がたちました。
私も、あの連休に偶々のようにたどり着いた貴サイトで、あの記事を見て、どうしても画面から目を逸らせなかった事、まるで昨日のことのように思い出します。
そのくせ、遠い遠い昔のこと、いや、果たして現実に起こったことなのかと錯覚を起こしたり、何か不思議な気持ちです。

> 時はとまったままのように

サイトや日記を拝読していて、抱えておられるものが、どれだけ重いのか想像すると心が痛みます。

薄っぺらな、ありきたりな言葉ですが、やはり、どうかご自愛下さいと言いたいです。
全ての猫を救うことは、誰にも出来ません。
それでも、kochiさんのお陰で幸せに暮らせてる猫も人も多いです。これは確かなことです。

私からも、改めて言わせてください。
あの時、彼らを保護してくださって、本当にありがとうございました。

2006/05/23
(火) 14:47:00 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。